2008年01月16日

はじめなので意気込み的なものを書いてみます

う、動き出しました。
「演劇実験室」で
芝居を一本プロデュースすることになりました、山脇です。

「プロデュース」なんて24歳・夏にやった「ムーミンDVD」以来です
確かあのときわたしは「プロデューサーはとうぶんやらないだろう」と、へとへとになって思ったのですがあれから2年。
当時、むっちゃくちゃお世話になった映像作家のヒカリヒカルさんに、
「26くらいになって、あみタイツなんか履くようなねえちゃんになったら、また(プロデューサー)やったらええんちゃうのん」
と言われたのを思い出しました。

気づけばその26歳になっていたことですし
脚をつつんでいるのはあみタイツじゃなくてカラータイツだけれども
しかも芥子色だしそんなねえちゃんって感じではないのだけれども
ソリ松田くんの言葉を借りるならいっちょやってみっかと。

SSMFや短編映画では女子をフィーチャーすることが多いのですが
芝居ではもう全然違う方向にいくと思われます。
予感です。
明日から稽古が始まるのでじょじょに詳しく書いていきます。

山脇
posted by Rissei Show at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 山脇プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。