2008年01月19日

試作品2

どうも。中川です。

1/16にアップしたのと同じ材料で、別の編み方をしてみました。
前のは左上ねじり結びと言います。麻紐の部分がねじったみたいになってます。
今日は平結びで作ってみました。こっちの方が見栄えがいいような気がするので、当日はこの編み方にしようと思っています。

試作品3.jpg

一応言っておきますけど、この企画、まだ参加者ゼロです。

タイトルが決まった!

タイトルが決まった。

『こたつで寝てしまう』

080119_0457~01.jpg

誰にも聞いてないからどういう反応か分からないけど、もう自分を信じて!信じるしかなくて!一応過去の演劇にそういうタイトルがないか調べた。上田はちょっと怖いから大歳にどんな感じかを聞こうと思って電話してみたけど出ない。“こたつ”がいいのか“コタツ”がいいのか“炬燵”がいいのかで迷ったけど“こたつ”で。もう不安だらけ。でもココに書いてしまうことでそれはそうと決まるんだからしょうがないとも思えるし。
とにかくタイトルが決まったので、今日はこのままこたつで寝よう。

今の文の最後の“こたつで寝よう”の所をうまく“こたつで寝てしまう”にしたかったんだけど、“とにかくタイトルが決まったので今日はこのまま、こたつで寝てしまう。”だとなんか変だなあ。でもまあ今日はちゃんとベッドで寝るしかないな。タイトルを決めたんだからなあ。
posted by Rissei Show at 06:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 諏訪プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

タイトル決まらない!

080108_2343~04.jpg

今日このブログにタイトルをアップしてください、と34歳になったばかりの井戸の神(井神さん)に言われたので今ブログを書いてるんだけど、タイトルが決まってません。どうしよう。タイトルを考えながら駅前とかウロウロするんだけどロッテリアの看板をみてはロッテリアというタイトルはどうだろうかとか、王将をみては王将というタイトルはどうだろうとか、もうみる物がすべてがタイトルに見えてしまって到底考えられないので、「もう見る物すべてがタイトルに見える」というタイトルにしようかと思ったけどなんだかよく分かんないのでボツ。やけくそで「うんこ」というタイトルにしようかとも思ったけどちょっと観る人にも出演者にも失礼な感じがするし、困った。本当に困った。嫌だ。タイトルを決めるなんて保留人間の僕にはむいてなさ過ぎる。決断しなきゃ。決断!登場人物は4人、舞台にはこたつが置かれている。テレビみたりお菓子を食べたりするような芝居。なんだろう!タイトルなんだろう!出て来い!タイトル!出ない!保留!朝までには!井戸の神!保留します!すんません!すんません! 
posted by Rissei Show at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 諏訪プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稽古しています

現在このメンバーで稽古をしています。
ベビー・ピー首藤くんと
劇団おめでとう・喜多さん

二人は喫煙者なので休憩中はモウモウです
モクモクです。
080117_1755~0001.jpg
posted by Rissei Show at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 山脇プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

本多です。

mangaa.jpgヨーロッパ漫画朗読王決定戦は漫画朗読の祖、石原正一さんを審査員に迎え、ヨーロッパ内漫画朗読王を決めるべく漫画朗読バトルを繰り広げます。出演メンバーはまた追って発表しますが、明日の永野・本多の劇的ラジオにて石原正一さんが漫画朗読を披露してくださいます。「漫画朗読ってなんだろう?」って思った方はぜひぜひ聴いてみてください。21時半からKBSラジオです。20分です。

試作品1

堺筋本町にアクセや編み物などのパーツを販売している、でかい店があるということを知人に教えて頂き、行ってみました。日本チュウコという店。大阪で一番品揃えが豊富で安いらしいです。

そこでヘンプ素材のアクセの作り方の本があって立ち読みしたんだけど、僕の知っている編み方でやれそうだったので、麻紐と穴の大きめのビーズを買って、早速作ってみました。これが試作品。

試作品2.jpg

それほど難しくないので初心者でも一時間あれば確実に出来るし、お金もかからないし、当日はこれをみんなで作ることに決めました。
参加費1000円となってるけど、多分5〜600円ぐらいでいけると思います。
麻紐を明るい色とか何種類か用意して、ビーズもその色に合わせたものをセットにして、作り方を紙に書いて。意外とやることが多い!

ようやく当日のイメージが固まりました。やることが見えてきて、参加費も安くなって、これで少しは参加しやすくなったでしょうか?問題はそこじゃないですか?

これでもし当日になっても、誰も参加者がいなかったら、実演販売に切り替えます。

はじめなので意気込み的なものを書いてみます

う、動き出しました。
「演劇実験室」で
芝居を一本プロデュースすることになりました、山脇です。

「プロデュース」なんて24歳・夏にやった「ムーミンDVD」以来です
確かあのときわたしは「プロデューサーはとうぶんやらないだろう」と、へとへとになって思ったのですがあれから2年。
当時、むっちゃくちゃお世話になった映像作家のヒカリヒカルさんに、
「26くらいになって、あみタイツなんか履くようなねえちゃんになったら、また(プロデューサー)やったらええんちゃうのん」
と言われたのを思い出しました。

気づけばその26歳になっていたことですし
脚をつつんでいるのはあみタイツじゃなくてカラータイツだけれども
しかも芥子色だしそんなねえちゃんって感じではないのだけれども
ソリ松田くんの言葉を借りるならいっちょやってみっかと。

SSMFや短編映画では女子をフィーチャーすることが多いのですが
芝居ではもう全然違う方向にいくと思われます。
予感です。
明日から稽古が始まるのでじょじょに詳しく書いていきます。

山脇
posted by Rissei Show at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 山脇プロデュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

やばい。

このビーズ講座は、男子限定の完全予約制なのですが、まだ一人も予約が入っていないそうです。

今ならマンツーマンで講座受けられます。

ビーズ最初.jpg


写真は最近出来た彼女のために作ったもの。
ビーズの部分と紐で編んだ部分を組み合わせて、アンティークのチャームを付けてみました。

2008年01月11日

中川です。

どうも。「りっせい男子専門学校 ビーズアクセサリー科」講師の中川晴樹です。今回、軽い気持ちで言ったビーズ教室が実現することになりまして、年始からセールにも行かず、ビーズショップに足しげく通う毎日となっております。

そもそもなぜ僕がビーズアクセサリーを作るようになったかというと、大学時代の友人がビーズなどのアクセサリーを作る仕事をしてまして、当時付き合っていた恋人をその店に連れて行ったところ、その恋人に手作りアクセサリーを作るよう命令されまして、まあお金も無いですし、作った方が安上がりだし(もちろんモノにもよるんですが)、基本的に恋人の命令には絶対服従の僕ですから、作ってみたんですね。
そしたら、まあ簡単に作れますし、その後何度か女子に手作りアクセをプレゼントする機会があったわけですが例外なく喜んでくれますし、それで味をしめまして、「女子へのプレゼントは手作りアクセが最高である」という風に考えるようになった次第です。
というか、男子からの手作りプレゼントを喜ばないような女子は心が汚れておる、とまで僕は考えております。

長くなりましたが、そういう訳で、自分で付けるために作る気は一切無いです。あくまで、女子にあげるためにつくっております。
というわけで、この企画は男子限定です。
当日はどういった女子に渡すつもりなのか、なども聞かせて頂きます。
恋人でも、奥様でも、片思いのあの子でも、誰でも良いので、そういった方を思い浮かべながら、一緒にビーズアクセ作りましょう!


写真は、練習用に作ったストラップ。数作らないと分からないことも多いです。これに関しては、両親にプレゼントしました。欲しがったので。




ビーズ親.jpg

2008年01月10日

学生グルメです。

2008-01-08_23-440001.jpg
どうも。学生グルメの痩せてるほう石田です。
漫才師っぽく自己ショしてみました。

学生グルメは単独ライブをやります。
漫才、コント、グルメな二人のグルメなトークをお届けしようと思っています。本多と、どっちがいいもの食ってるかを、争おうと思っています。

以前「安くてうまい」と評判のお店を本多に教えたところ、「高くていまいち」と言われました。
そんな、どうでもいい食べ物の話しをお届けできればと思っています。
posted by Rissei Show at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 「グルメトーク」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

ご予約につきまして。

1/26(土) 15:00〜19:00 ワークショップ
『りっせい男子専門学校 ビーズアクセサリー科』(講師/中川晴樹)

受講されるには、予約が必要となっています。
予約は、ticket@europe-kikaku.com まで。
材料費:1,000円は当日、お支払い頂くようお願い申し上げます。
※参加者は男性のみとさせて頂いております。
posted by Rissei Show at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオ編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。